初宮詣、七五三、安産祈願、交通安全、合格祈願、必勝祈願、病気平癒、商売繁盛なら埼玉県川口市の峯ヶ岡八幡神社

ご祈祷のご予約、お問い合わせは048-296-1901

神社の紹介

埼玉県川口市 源氏ゆかりの峯ヶ岡八幡神社HOME > 神社の紹介

峯ヶ岡八幡神社について

峯ヶ岡八幡神社 ご祭神

峯ヶ岡八幡神社の由緒

当社の由緒は、縁起によるとふたつの説があります。

一説は、平安時代、源氏の人々によって開創されたとするものです。
江戸時代後期の弘化四年(1847)八月に別当寺である新光寺第十四世堯源が記した「谷古田八幡宮略縁起」によると、平安時代中期の天慶年中(938〜946)、平将門が下総国岩井(茨城県坂東市)に拠って乱を起こした時、六孫王源経基が将門追討の勅命を受けて、武蔵国においてたびたび合戦、軍中において奇瑞霊夢を受けてついに将門を滅ぼしました。その折、霊夢の告によりこの地に新たに八幡宮の一社を造建したのが谷古田八幡宮である(現・峯ヶ岡八幡神社)といわれています。
二説目は、平安時代初期に慈覚大師円仁によって開創されたというものです。
江戸時代中期の安永二年(1773)正月に権僧極楽坊覚胤の記した「如法経縁起并八幡宮縁起」によると、八幡宮に祀られている仲哀天皇の皇后である神功皇后は、ある時夢ともなく現(うつつ)ともなく日輪が口に入るのを覚えて身ごもりました。皇后は懐胎の身でありながら新羅を征討、筑紫に帰陣しました。その時、青天に白旗四流赤旗四流が翻翩(へんぺん)として降り、皇子が誕生、八幡丸尊(はちまんまるのみこと)と名づけられたのが応神天皇です。故に応神天皇がすなわち正八幡宮とされています。その御神体は慈覚大師の手彫りの僧形八幡像であるといわれ、弘仁8年(817)に造立し、開創されたともいわれております。

史実においては、峯ヶ岡八幡神社は鎌倉時代に鎌倉の鶴岡八幡宮の社領であった矢古宇郷(現在の川口市東部から草加市西部に広がる一帯で天慶年間の谷古田領の地域と考えられる)に勧請された八幡宮です。
下記の古文書、関東下知状(鎌倉幕府の命令書及び裁許状)によれば、鎌倉時代の承久三年(1221)八月二日、「陸奥守平」、すなわち時の執権、北条義時が、承久の乱の戦勝を祝して武蔵国矢古宇郷を鎌倉の鶴岡八幡宮の社領と認めた書状です。
また、鎌倉時代の事績を記した歴史書「吾妻鑑」の承久三年八月七日の条には、鎌倉幕府が鶴岡八幡宮に矢古宇郷50余町を管理する郷司職を認め、郷司としての特権とそれに伴う得分とを与えている記事があります。
以上によって、矢古宇郷が鶴岡八幡宮の社領となった承久の頃、峯ヶ岡八幡宮は分社されたものと考えられます。

関東下知状 僧形八幡像について

境内のご案内

峯ヶ岡八幡神社は文字通り川口市峯の小高い丘の上にあります。
約7700uの境内には、樹齢約600年の県内有数の大銀杏を初めとした400余本の樹木が繁茂しており、これらは「峯ヶ岡八幡宮神社の社叢」として、市の天然記念物に指定されています。
御神木の大銀杏は様々な伝説のある巨木です。
その大銀杏の根元を取り囲むように置かれている楕円形の力石は、村の若者たちの力試し、力くらべに用いられていました。
江戸時代に神社の祭礼の時盛んに行われ、持ち上げた力持ちや奉納者の村名と名前・目方等を石に刻んで奉納されました。

境内案内を見る

末社のご案内

稲荷社

ご祭神 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

稲が成るという語源から来ており、また「うかのみたのみこと」の「うか」は食物の意味もあらわし、「稲魂(いなだま)」そのものの名前をあらわす事から、五穀豊穣の神とされ、その他に、現在は産業の神として、商売繁盛・工場安全や、家内安全の守り神としても信仰があります。

諏訪社

ご祭神 建御名方神(たけみなかたのかみ) 八坂刀売神(やさかとめのかみ)

古来より、建御名方神(たけみなかたのかみ)は、力の強い神として、軍神、水神、風神と崇められ、また「狩猟の神、農耕の神そして航海の神」の守り神として、厚い信仰がありました。そして、大国主神(おおくにぬしのかみ)の御子神であり、八坂刀売神(やさかとめのかみ)とご夫婦でおまつりされている為、縁結び、安産、などの神としても崇敬されています。

日枝社(左)・神明社(中央)・白山社(右)

日枝社(左)ご祭神 大山昨神(おおやまくいのかみ)

古来より、山王さん、山王権現として親しまれ、山王信仰に基づき日吉大社(滋賀県大津市)より、勧請された神様です。

神明社(中央) ご祭神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)

皇室の祖神とされ、神宮(伊勢神宮内宮)を総本社とするお社で、「お伊勢さん」と親しまれ、日本で最も尊い神として、日本中に分霊されたお社のひとつです。

白山社(右)ご祭神  菊理媛神(くくりひめのかみ) 伊邪那岐命(いざなぎのみこと) 伊邪那美命 (いざなみのみこと)

伊邪那岐命、伊邪那美命二柱の神は、日本の神々を創生し国土や人間をはじめとする、あらゆる生き物を、お生みになられた神様です。この二柱の神様の間に何か問題があった時に、その仲をまとめられたのが「物事をくくる」菊理媛神であったとされ、物事を執り成し和解させる御神徳や、縁結びの神としても崇敬されています。

御嶽社

ご祭神 日本武尊(やまとたけるのみこと)

第12代景行天皇の第3皇子で、景行天皇の命により、各地の豪族平定をした神で、特に東国平定の際、駿河国において火攻めの難にあった時、叔母の倭比売命(やまとひめ)より授かった天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)により、草をはらい難を逃れた事(よって草薙の剣)から防火・除災招福の神として信仰があります。

須賀社

ご祭神 須佐之男命(すさのおのみこと)

須佐之男命は、強さを表すタケ・ハヤと、清浄を表すスサとを組み合わせた建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)とも言われ、この神様は天照大御神の御弟神で、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したことから、自然界人間界の罪穢れや悪者を追い払い、人々の苦しみを取り除いてお守り下さる神と知られ、厄除け・除災招福の神として信仰されています。祇園信仰の影響も受け別名牛頭天王(ごずてんのう)とも言われ、天王様と言われ全国に祭られている神様の一つでもあります。

峯ヶ岡八幡神社情報
峯ヶ岡八幡神社
〒334-0056
埼玉県川口市峯1304
モバイルブログ