初宮詣、七五三、安産祈願、交通安全、合格祈願、必勝祈願、病気平癒、商売繁盛なら埼玉県川口市の峯ヶ岡八幡神社

ご祈祷のご予約、お問い合わせは048-296-1901

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

天然社叢に囲まれた源氏ゆかりの峯ヶ岡八幡神社

峯ヶ岡八幡神社は、平安時代、朱雀天皇の治世にあたる天慶年間(938~947)に清和源氏の祖、源経基の創建と伝えられ、かつては、足立郡谷古田領三十二ヶ村(川口市新郷、安行の一部、草加市の西部)総鎮守に列せられた由緒ある神社です。
約7700㎡の境内には、樹齢約600年の県内有数の大銀杏を初め400余本の樹木が繁茂しており、これらは「峯ヶ岡八幡神社の社叢」として、市の天然記念物に指定されています。

大銀杏(樹齢600年のご神木)

必勝祈願・安産祈願

新羅三郎義光(八幡太郎義家の弟)が当社に参籠して戦勝を祈願したところ、2羽の白鳩が大銀杏にとまり、金色の幣帛となって飛び去りました。この金色の幣帛が戦中、空に現れ、戦勝したといわれています。
また、この大銀杏をかつては乳銀杏ともいい、枝や幹から垂れ下がった乳房状の突起に、産婦の乳が良くなることを祈願、霊験があったといわれています。

僧形八幡坐像の胎内願文

子孫繁栄・病気全快・現世安穏・極楽往生

ご神体の僧形八幡坐像は、袈裟をまとった法体の像で、右手に錫杖を、左手に経巻を持って台座に坐しています。
胎内には、造像時の願文や経文等の36点が納められており、この願文の多くは、子孫繁栄、病気全快、現世安穏、極楽往生等切実な願いを記しています。

ご祈祷案内

新着情報

  • 境内案内
  • 峯ヶ岡八幡神社 伝説
  • よくある質問
峯ヶ岡八幡神社情報
峯ヶ岡八幡神社
〒334-0056
埼玉県川口市峯1304
モバイルブログ