Loading
子供守護・家庭円満・安産等に御神徳がある
天然社叢に囲まれた
源氏ゆかりの峯ヶ岡八幡神社

峯ヶ岡八幡神社は、平安時代、朱雀天皇の治世にあたる天慶年間(938~947)に清和源氏の祖、源経基の創建と伝えられ、かつては、足立郡谷古田領三十二ヶ村(川口市新郷、安行の一部、草加市の西部)総鎮守に列せられた由緒ある神社です。
約7700㎡の境内には、樹齢約700年の県内有数の大銀杏を初め400余本の樹木が繁茂しており、これらは「峯ヶ岡八幡神社の社叢」として、市の天然記念物に指定されています。
峯ヶ岡八幡神社の祭神は、応神天皇・神功皇后・仲哀天皇の三柱で、この三神は親子神である故、子供守護・家庭円満・安産等に御神徳があるといわれています。

ご祈祷のご案内

社殿祈願(個人・団体)・出張祈願

ご祈祷の受付時間は、9時~16時(電話受付は17時迄)となります。
随時受け付けていますので、お電話もしくは社務所受付にてご予約下さい。

  • 安産祈願
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格必勝祈願
  • 成人式
  • 神前結婚式
  • 厄年・厄祓い
  • 年祝い

ご祈祷案内を見る

~峯ヶ岡八幡神社と皆様を結ぶ絆~御朱印・授与品

峯ヶ岡八幡神社の伝説

大銀杏(樹齢700年のご神木)必勝祈願

大銀杏(樹齢700年のご神木)
必勝祈願

新羅三郎義光(八幡太郎義家の弟)が当社に参籠して戦勝を祈願したところ、2羽の白鳩が大銀杏にとまり、金色の幣帛となって飛び去りました。この金色の幣帛が戦中、空に現れ、戦勝したといわれています。

乳銀杏(樹齢700年のご神木)安産祈願

乳銀杏(樹齢700年のご神木)
安産祈願

この大銀杏をかつては乳銀杏ともいい、枝や幹から垂れ下がった乳房状の突起に、産婦の乳が良くなることを祈願、霊験があったといわれています。

僧形八幡坐像の胎内願文 子孫繁栄、病気全快、現世安穏、極楽往生

僧形八幡坐像の胎内願文
子孫繁栄、病気全快、現世安穏、極楽往生

ご神体「僧形八幡坐像」の胎内には、造像時の願文や経文等の36点が納められており、この願文の多くは、子孫繁栄、病気全快、現世安穏、極楽往生等切実な願いを記されています。

最新のお知らせ

夏越の大祓

大祓は、半年間の罪穢れを形代(人形)に 託して祓い清める、全国の多くの神社で 行われている行事です。 特に夏の大祓は夏越大祓といい、茅の輪くぐりの 神…

平成30年御田植祭について

平成30年5月9日、お田植え祭を斎行致しました。  神饌田を始めてから数年が経ちますが、 毎年稲の成長を楽しみに参拝頂く方が増え、 うれしく思っており…

最新のお知らせ一覧